2014年01月18日

モバP「素直な乙女に」

モバマスssです。
以前立てた
凛「大食らいだったプロデューサーが」

モバP「跳ねるボール弾む心」


モバP「あんたプロデューサーやってみない?」ガッツは?」

のスレの話を引き継いでます。

奈緒「うーん」サワサワ

奈緒「やっぱりアタシ、太いよなぁ…眉毛」サワサワ

奈緒「凛とか加蓮とか皆しっかり手入れしてるみてぇだし」サワサワ

奈緒「…P、Pも綺麗な眉の方が良いよな?多分」サワ…


奈緒「…や、やるか…」ゴクリ…

奈緒「や、やりすぎないように、先ずは形を整えるだけで…」

プルルルルル…

奈緒「誰だよ集中してる時に…」チラ

奈緒「P、P!」ゾリ

奈緒「あ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1386100784


モバP「おー、どうした奈緒。えらく電話取るの遅かったじゃねぇか」

奈緒「ななな、何のようどよPさんんん」フルフル

モバP「お、おう?どうしたどうした、声が震えてるし喋れてないぞ」


奈緒「な、んんんでもねぇよ!ちょ、ちょっと瑞樹さんに教えて貰った震え声アンチエイジングを試してたんだよ!わかるわ!?」フルフル

モバP「わからないわ」

モバP「まぁ、アンチエイジングは置いといて、お前今から新番組の打ち合わせだろ?あんまり遅いんで、寮の前で待ってっから」

奈緒「げっ、そうだった…」ヒヤアセー

モバP「おいおい、大丈夫か?まぁ早めに車まで来てくれ。じゃないとガッツの馬に乗ってもらうぞ」


奈緒「勘弁してくれ…」

モバP「じゃ、早くしろよー」プッ

プー、プー

奈緒「はっ…!ま、眉毛は…!」はハンブンゾリーン

奈緒「おぉ…もう…」


奈緒「と、とにかくニット帽を眉毛まで下げて…こ、これでよし!」

奈緒「行って来ます!」バタン!





アイブロー「……」
モバP「お、早かったな。感心感心」

奈緒「こ、子供扱いするなよな…!」

モバP「ははは、悪い悪い。お!そのニット帽かわいいな、似合ってるぞ」

奈緒「そ、そんな事どうでも良いだろ!早く車ださねぇと間に合わねぇぞ!」ドキィー!


モバP「おぉ、そうだなシートベルトしたな?」

奈緒「お、おう」

モバP「じゃ、出発ー」ブロロ…


奈緒『っべーよ。マジで…!』
モバP「それじゃ、本番よろしくお願いしますね」バタン…

モバP「…何で帽子外さなかったんだ?」

奈緒『やっぱり来たか…』

奈緒「ど、どうしてって…」

モバP「確かにそこも含めてのファッションだとは言え、流石に打ち合わせ中ぐらいはだな…」

奈緒『うぅ…ちょっと怒ってる…』

奈緒「ごめん…」

モバP「…はぁ。まぁ良いさ次は気を付けてくれれば」

奈緒「う、うん」

モバP「それじゃあ、一回事務所に寄って送ってくから」

奈緒「えっ…何で事務所に?」

モバP「台本コピーして渡すからだろうが…いつもやってるだろ?」

奈緒「あ、あぁそうだな…」

モバP「…お前ホントに大丈夫か?熱でもあるんじゃ無いか?ほら、デコ出してみ?」スッ…

奈緒「大丈夫だって!ほら、早く事務所行こうぜ!アタシも凛達に会いたいからよ!」ダラダラ


モバP「…?」
事務所

モバP「ただいま戻りましたー」ガチャ

奈緒「ただいま…」バタン

モバP「じゃあオレはコピーして来るから。しばらくかかると思うからゆっくり寛いでてくれ」

奈緒「お、おう」

モバP「?…じゃあ後で」ガラッ

奈緒「………………」
奈緒『人と会いません様に人と会いません様にせめて加蓮とは会いません様に……!』

凛「あ、おはよう奈緒」

加蓮「おはよー」

奈緒「」

加蓮「どうしたの?部屋の中なのに帽子取らないの?」

奈緒「う、うん…寒くてさ…」

凛「え?こんなに暖房効いてるじゃん…プロデューサーが加蓮が風邪引かないようにって自腹で設定温度上げてるのに」

加蓮「もう、心配しすぎ…」ニヘラ

奈緒「嬉しそうだな…」

加蓮「で、何でそのままなのかな?」

奈緒「それは…」

凛「…何だか怪しいね。いつもはそんなに深くかぶらないのに…加蓮」

加蓮「了解!」バッ

奈緒「や、やめろぉ!年上は敬えよぉ!」バタバタ

凛「ほら、暴れないでっ…痛くしないから…!」

加蓮「ほらほら、コチョコチョー」

奈緒「止めっはっはっは!こしょぐるなっはっはっは!」

凛「今だ!」スポーン

モバP「お前たち、あんまり事務所で騒が…」ガラッ

奈緒「」マユナシー

凛「」

加蓮「」

モバP「」
30分経過

モバP「反省してるか」

奈緒「スミマセン」セイザー

凛「ま、まぁプロデューサー。奈緒も反省してるみたいだし」ククッ

加蓮「そ、そうだよ。眉ならまだアイブローでどうにかなるんだから…」プフッ

奈緒「何だよ!笑え!笑えよ!」

モバP「開き直るんじゃありません!」クワッ!

奈緒「うぅ…ゴメンナサイ…」シュン…

凛「あれ?結構本気で怒ってるみたいだね」ヒソヒソ

加蓮「本当だ珍しいかもね」ヒソヒソ

まゆ「怒った所も素敵ですねぇ」ウットリ…

凛「…どうしたの、まゆ」

まゆ「何だか名前を呼ばれてたような気がして…」

加蓮「まぁ、そうなんだけど…」マユチガイダヨ

モバP「全く…ほら、奈緒。立ちなさい」

奈緒「え?」

モバP「そのままにしておけるわけ無いだろ?知り合いのメイクさんに連絡して、化粧の方法教えて貰わないと」

奈緒「あ、あぁ、そうだな」ビリ…

モバP「ん?」

奈緒「足が痺れて…」

モバP「はぁ…鍛え方が足りないな」

凛『プロデューサーと比べないでよ…』

モバP「全く…」ヒョイ

奈緒「へ?ちょ、ちょっとPさん…」

モバP「仕方がないだろ、先方に無理言ってるんだから少しでも早く行かないとな」

凛『お姫さま抱っこ…』

加蓮『良いなぁー』

まゆ「…」ニコォ

奈緒「……!?」ゾクッ





車内

奈緒「ゴメンな、Pさん…」

モバP「んー、まぁお洒落したい気持ちは分かるんだが、気を付けてくれないと」

奈緒『…オシャレ…?』

モバP「やっぱりアイドルってのはイメージとかあるしなぁ」

奈緒「う、うぅ…」ポロポロ

モバP「!?」

奈緒「ち、違う。アタシ、お洒落がしたくて…眉を弄ろうとか、別に考えて無くて…」ヒック…

モバP「……」

奈緒「初めは、凛とか、加蓮とか…綺麗に整えてるのはスゴいなって思ってたら…」ウグ…

奈緒「男の人っとか…P、Pさんもやっぱり細くて綺麗な眉とかの方が好きなのかもって思ってさ…っ」エグッ

奈緒「そしたら、Pさんから電話かかって来て…驚いて…」ヒック

モバP『そうだったのか…』

モバP「そんな事言った覚え無いんだけどなぁ」

奈緒「で、でも学校の奴とか…」

モバP「…オレはわりかし太眉は…その、好きだな」ポリポリ…

奈緒「へ?」

モバP「人の好みはそれぞれだし…その眉もひっくるめて奈緒の事が好きだって言うファンがいるから、こうやって今回も新しい仕事が来るんじゃないかな」

奈緒「あ…」

モバP「それに、プロデューサーとしては、そういう悩みは相談して欲しかったがなぁ」

奈緒「で、出来る訳無いだろ!」

奈緒『Pのためにイメチェンしたいって言ってるようなもんじゃねぇか!』

モバP「…奈緒はもう少し素直になれればなぁ」

奈緒「え?」

モバP「その方がオレも甘やかせる」

奈緒「バッ…!馬鹿やろう!」バシィッ!!

モバP「運転中だからっ!!」

奈緒『クソッ…不意打ちはズリィよ…』カァ…
メイクさん「よし、これでOKよん」

奈緒「おぉ…元通り…」

モバP「流石ですね、相変わらずいい腕です。急にすみませんでした」

メイクさん「いいのよん…アナタも相変わらず良い身体ねん…アナタのためなら何時でもヤってあげるわよん?」ズイッ

モバP「鍛えてますから…」ググ…

奈緒『サボって糖尿になったくせに』

メイクさん「まっ、奈緒ちゃんも今度から無茶な事せずに、一度私に相談しなさいな。はい、名刺」

奈緒「あ、ありがとうございます」

メイクさん「私が彼好みのメイクを教えてあげる…それに、彼は太眉大好きなはずよ」ボソッ

奈緒「うぅ…」ボシュ…

モバP「あんまり奈緒に変な事吹き込まないでくれますか?」

メイクさん「ふふ…独占欲?乙女と乙女の秘密の会話よ」

モバP「あんたは男だろ「あぁん!?」何でもありません」

奈緒「お、お願い…します」

メイクさん「ふふ、待ってるわ」

モバP「なぁ、あの人となに話してたんだ?」

奈緒「う、うっせーな!秘密だよ、秘密!」

モバP「そうか…」

奈緒「なぁ、Pさんとメイクさんどんな関係なんだ?」

モバP「…由里子が悦ぶような関係じゃ無いぞ?」

奈緒「わっ、分かってるっての!」

モバP『そういや由里子も太眉だったな…』

奈緒「で?どんな関係?」

モバP「…部活の先輩だよ」

奈緒「は?」

モバP「今となってはあぁだが…ベンチプレスMAX125キロとかじやなかったっけなぁ…」トオイメ

奈緒「ガッツPと言い、あんたの周りはバケモノばっかりかよ…」
翌日 事務所

奈緒『素直に、素直に』ドキドキ

奈緒「な、なぁP……さん」

モバP「ん?どうした?お、眉のメイクバッチリじゃないか」



まゆ「うふ、そうですかぁ?」ニコォ

渚「あんたじゃないよ、座ってな」



奈緒「今度のオフの日にち、P……さんと重なってたよな?」

モバP「おぉ、よく知ってるな」

奈緒「そ、それでさ…映画のチケットが二枚あるから暇なら…一緒に行ってやっても……じゃなくて」

モバP「ん?」

奈緒「あ、アタシと一緒に映画観に行って下さい!」

モバP「お、おぉ。良いぞ、オレも暇を持て余す予定だったし」

奈緒「じゃ、じゃあ当日連絡するから…」ダッ!



まゆ「…うふ」

渚「まゆを止めなきゃ(使命感)」

奈緒「うぅー…はずかしぃ…」

凛「ふふ、頑張ったね奈緒」ニヤニヤ

加蓮「一緒に行って下さい!…だってさぁ」ニヤニヤ

奈緒「き、聞いてたのかよ」

凛「あんなに大きな声で言えばね」

加蓮「今日はやけに素直だったねぇ。昨日Pさんになんか言われた?」

奈緒「う、うるせぇな!別になにもないよ!」

加蓮「あれ、さっきの「素奈緒」が嘘みたいだね」

凛「ふふっ…なにそれ、良いね「素奈緒」ふふっ…」

奈緒「なっ…!「犬凛」に言われたくねーよ!」

凛「あ、そんな事言っちゃうんだ」

奈緒「な、なんだよぉ…!」

凛「加蓮、奈緒の眉の化粧落とそうか」

加蓮「よしきた!」

奈緒「や、止めてくれぇ……!」



モバP「あいつらホントに仲良いよな…」

モバP「よぉ、待たせちゃったか」

奈緒「お、おせぇよ!」

モバP「…待ち合わせの20分前なんだがなぁ」

奈緒「う、うっせーな!」

モバP「もう素奈緒は見れないんだろうか」

奈緒「なっ…!誰に聞いたんだよ!」

モバP「事務所全体で話題になってたぞ。犬凛に次ぐ新しいあだなが出来たって」

奈緒「もう事務所行けねー」

モバP「ははは、ま、今日はせっかくのオフだし楽しもうか」

奈緒「あ、うんその、ぴ、Pさ……P!」

モバP「うん?」

奈緒「ま、まだまだ素直にはなれないかも知れないけど……アタシ、頑張るから!」

モバP「………そっか」


奈緒「お、おう!じゃあ、行こうぜ!」

???「わ、わだすも眉さ綺麗にしたらばもっとアイドルっぽくなるかもしんねー」

???「やりすぎねーよーに、そーっどそーっど」

???「へ、へ、へーっぐしょい」ゾリッ

???「あ」




終わり

短いかも知れませんが以上で終わりです。
太眉キャラを勢揃いさせようかと思ったんですが、意外と多くて止めました。


後、糖尿が発覚してから家の猫がえらく甘えてくるようになりました。

寒くなっただけですかね?

00:30│神谷奈緒 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: