2014年03月03日

モバP「少女ジャンプ」

○事務所

P「夏樹ー! ちょっといいかー?」

夏樹「んあ? どうしたんだPさん」


書き溜めありません

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377092052

P「いやな? ちょいとやってみたいことがあってさ」

夏樹「何だ何だ? いつもの『思いつき』ってヤツか?」

P「おう。それでちょっとお前にも協力して貰いたくてな……」


ゴニョゴニョ・・・


夏樹「は、はァ? 何でまたそんなことを……」

P「ちょっとした労いってヤツだ。ギター、イケそうか?」

夏樹「……んー、どうだろうなあ。相当練習しないと厳しいと思うけど……」

P「あとはメンバー集めだが……」

夏樹「ギター2人足りないよ。弾けるメンツって何人くらいいたっけか? それにベースとドラムは?」

P「……とりあえず楽器出来そうなメンバー集めて特訓かなあ」

夏樹「なんで思いつきだけでそこまで行動出来るんだか……」ハァ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

涼「アタシボーカルなんだけど……」

P「そこを頼む! な!?」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

星花「まあ、ギターですか?」

P「ちょっとやってみないか? 音楽経験者の方がいいと思ってさ……」

星花「うーん……。新しい経験、してみたいですわ♪」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

凛「私がベースを?」

P「あれから結構練習してるって聞いたぞ? どうだ、一度徹底的にやってみないか?」

凛「でも仕事がねえ……。……まあ、やってみたいけど」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

真奈美「そして、私の所にか……」

P「一番大事なパートですから、ドラムは木場さんに任せたくて……」

真奈美「リズムをとる分には問題無いが、経験に乏しいぞ?」

P「そこは全員同じです。期間を決めているわけではありませんし、何とか……」

真奈美「……フッ、まあいいだろう。これも良い経験になるだろうさ」



○数ヶ月後

李衣菜「〜♪」ジャカジャカ

輝子「フヒ……」ジメジメ


<ドッドッドッドドドドドドッ!!


李衣菜「!?」

輝子「!?」

<ドッドッドッドドドドドドッ!!

<トンデイクゼェーーッ!!


李衣菜「なっ、なっ何なに!?」ビクビク

輝子「あ、あわわ……」ガクガク


<テメーラ、キアイイレテイケヨオイ!!


李衣菜「音凄いけど、レッスン場の方からだよね……!?」

輝子「ま……間違いない……」コクコク




○レッスン場

ガチャッ

李衣菜「何々! 何なの!? ……ってうわあ!」

輝子「フヒ!?」


ギューン!ギューン!ギューン!ギューンギュンギュン!


P「この! 空に向かってオイ!! 空に向かって!!」


ドッドッドッドドドドドドッ!!


P「高く跳べよオイ!!」


ドドドドドドドド!!

P「行くぞォ!!」


ギューン!ギューン!ギューン!ギューンギュンギュン!


李衣菜「え、えっ!?」


P「行くぞォッ!!」


ドドドドドドドド!!


李衣菜「お、おー……」

輝子「おー……」フヒ・・・


ドドドドドドドドドドド!!


P「エーーックス……!」
シャンシャンシャンシャン!!

ギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュルギューンギューンギュギュンギュン!!
ギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュルギューンギューンギュギュンギュン!!


P「オオオオオォォォォッラァッ!」


ギュン!ギュギューンギュン!ギュン!ギュギューンギュン!
ドドドドドドドドドドドドドド!!


李衣菜「うおお!?」

輝子「こ、コレは……」
P「さめきった街に別れを告げ! 荒れ狂う刺激に! 身をさらせ!」

輝子「ヒャッハアアアアアアアアアアッ!!」

李衣菜「!?」ビクッ

P「あいつの瞳は光失せた! 燃え狂う心は操れない!」

ガチャッ

礼子「……凄い音ね?」

菜々「わあ、懐かしいですねえ!」
礼子「?」チラッ

菜々「っ!! え、えーとですね? おと、ウサミンパパが昔よく流してたなーって……」

P「乱れた愛に流され! お前は全てを失った!」

光「うわっ! 何事だ!?」

奈緒「Pさんなんて格好してんだ!? 木場さんまでいるぞ!?」


ゾロゾロ・・・


P「身体貫く叫びで! お前の心壊してやる!」

P「ブレィアウッ!!!」
P「錆び付いた言葉! 投げ捨てて! 張り裂ける心を解き放て!」

未央「あんなプロデューサー始めて見た……」

P「降りしきる雨に背を向けて! 息づく奴らに言葉は無い!」

洋子「す、すごいメイク入ってるね……」ハハ・・・
P「埋もれた時に戸惑う お前は悪夢を彷徨う!!」

輝子「ヒャッハアアアアアアアアアアッ!!」ブンブンブン

李衣菜「なんか盛り上がってきたーっ!」ブンブン

P「血の気震わすノイズで!!」

恵磨「シャアアアアアアッ!」ウオー!

ナターリア「ヤーッ♪」ピョンピョン

P「テメーらの心ッ!! ブッ壊してやるぜェッ!!!」
輝子「エェーックス!!」シュバッ!!

P「感じてみろ!!」

菜々「エックス! ……ハッ!?」

P「叫んでみろ!!」

菜々「い、いえ違うんですよ!? 芸能人としてこういう決まり事は知っておかなきゃじゃないですか……!」ワタワタ

P「全て脱ぎ捨てろ!!」
愛梨「え、いいんですか? 熱気がすごいですもんね!」ヌギッ

奏「いやいや待って!?」

輝子「エックス!!」シュバッ

李衣菜「と、跳べばいいの?」ピョンッ

P「感じてみろ!」

李衣菜「えーっくす!」ピョン

P「叫んでみろ!!」

李衣菜「この客との一体感いいね!」

P「心! 燃やすゥゥゥッ!!」
P「ベース! RIN!」

凛「〜♪」ギューン!

P「ギター! NATSUKI!」

夏樹「よっ」ギャーン!

P「ギター! RYO!」

涼「?」ギュルギュル

菜々「HIDEが首傾げた時のなんですねえ……あっ」

P「ギター! SEIKA!」

星花「ごきげんよう!」ギャルーン!

P「ドラム! MANAMI!!」

真奈美「フッ!!」ドドドドドドドド!!

P「ドンドン行けェッ!!」


早苗「X!!」タプンッ

P「感じてみろ!!」

小梅「え、えーっくす……!」ピョン

P「叫んでみろ!!」

未央「X!」ピョンッ

P「全て脱ぎ捨てろ!!」
雫「えーっくす!」バルンッ!!

P「感じてみろ!!」

風香「え、エックス!」ポヨンッ

P「叫んでみろ!!」

卯月「X!」ピョンッ

P「心!! 燃やすウウウウウウッッ!!」
ギュイーン・・・

P「We Are!!」

美羽「エックス!」

P「We Are!!」

美波「えっくす……!」

P「オーライ? You Are!!」

蘭子「第24の未知!(X!)」

P「You Are!!」

由愛「エックス……!」

P「最後だァッ! 跳べ跳べ跳べトベトベトベトベトベトベトベトベトベトベトベトベトベトベトベトトベトベトベトベェッ!!」
ドドドドドドドド!!!


「「「X!!」」」

P「感じてみろ!!」

「「「X!!」」」

P「叫んでみろ!!」

「「「X!!」」」

P「全て脱ぎ捨てろ行けよォッ!!」

「「「X!!」」」

P「感じてみろ!!」

「「「X!!」」」

P「叫んでみろ!!」

「「「X!!」」」

P「心!! 燃やすウウウウッ!!」
涼「ラスト、行くぜ?」

星花「ええ!」

夏樹「おう!」

ギューンギューンギューギュンギュンギューギュンギューンギューギュゥーン
ギューンギューンギューギュンギュンギューギュンギューンギューンギューン・・・!!

凛「えいっ」ベベベベベベベベ

真奈美「フンッ!」ドッドッドドドドッ!!!

P「よくやった! よくやったお前達ィッ!!」

ギューンギューンギューギュンギュンギューギュンギューンギューギュゥーン
ドドドドドドドドドドドドドドドド!!!!

P「よくやったァ!!!」


ギューンギューンギューン・・・ギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュル!!!!
ドッドッドッドッドッドッドッドッドッドッドッドッ!!!!



ワァァァァァァ・・・・・・・・!!
○終了後

真奈美「流石に……堪えるなコレは…………!」ゼェゼェ

夏樹「……で、一体何がしたかったんだ?」

P「言ったろ、思いつきだって」

凛「その割には、ジャンプするみんなへの視線がおかしかったけど……?」ジトォ・・・

星花「まあ……?」ジト

涼「ほう……?」ジトッ

P「お、お許しを……」

真奈美「まさかその為だけに……?」ギラリ



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



<ギャアアアアアアアア


輝子「た、楽しかった……!」キラキラ

李衣菜「首痛い……」



おしまい
おまけ


まゆ「てーくーびをー流れるー血をーお前の体にー♪」

P「なあ……まゆ?」

まゆ「絡みつけると一瞬の内にー蘇る記憶に視界をー♪」

P「なんでさっきからこっち見ながらWEEK END歌ってるの……?」




ただアイドル達にジャンプさせたかっただけです
だから細かい粗は勘弁な

17:30│モバマス 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: