2015年11月05日

島村卯月「頑張り狂想曲」

※隠語・下ネタは抑えめ…のハズ

※しかしキャラ崩壊



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444380057









未央「おーっと!!モバP選手!角を曲がって姿を見せました!」



未央「若干疲れの色が見えておりますがっ、本日の仕事から解放された達成感からでしょうかっ」



未央「軽快な足取りでこちらに近づいてきます!」







モバP「…」スタスタ







未央「対するしまむら選手は、まだ緊張が抜けきれていないご様子!」



未央「あまり万全なコンディションとは言えないようですがっ」



未央「大丈夫でしょうか!?しまむら選手!!」







卯月「は、はい!」



卯月「島村卯月、頑張ります!」タタタッ!







凛「…」



未央「しまむら選手、勢いに任せて突撃した―っ!」



未央「試合開始ーーーーっ!」



未央「果たしてしまむら選手は成功をもぎ取れるのかー!?」







卯月「プロデューサーさん!」







モバP「おう、卯月、どうした?」





卯月「あ、あの、あの」



卯月「えっと…」







未央「言え!言うのだしまむー!」



凛「…」







卯月「わ、わたし、明日オフなんですっ!だから…」





モバP「ああ。知ってるぞ。…ていうか卯月に頼まれて調整したの俺だからな。」



モバP「一日しか取れなくて悪いが、しっかり疲れを取ってくれ。」



モバP「卯月は最近めきめきと人気を伸ばしているからなぁ。」



モバP「頑張っている証拠だ。えらいぞ。」なでなで





卯月「えへへ…っ」テレテレ





モバP「じゃ、お疲れ」スタスタ





卯月「はいっ!お疲れ様です!」



卯月「ふふ♪」



卯月「…」



卯月「あっ」





未央「…」



凛「…」





未央「しゅーーーーーりょーーーーー!!」









反省会場(ファミレス)







卯月「…」ズーン…







凛「辛辣なことを言うけど」



凛「卯月って、結構誘うのヘタっぴだよね」



凛「いつも言い出しっぺって大体私と未央だし」





卯月「私も凛ちゃんや未央ちゃんみたいにプロデューサーさんと二人きりでお出かけしてみたいです…」





未央「しまむーにはデートのお誘いはまだ早かったかなー」





凛「…ただ散歩に付き合ってもらうだけでしょ」





未央「人はそれをデートと言うのだよっ!」





卯月「うーん…なんででしょう…」



卯月「プロデューサーさんが目の前にいると、勇気が出なくなるっていうか」



卯月「誘おうと思ったら、うまくしゃべれなくなっちゃうんです」



卯月「普通のおしゃべりだったら全然平気なのになぁ…」





凛「…てゆか、最初の主旨って卯月がプロデューサーに感謝の気持ちを伝えたいって話じゃん」



凛「散歩に誘うとか回りくどいことしなくたって、直接…」





未央「ちっちっち♪」











未央「甘いよ、しぶりん!」



未央「おんなじ感謝の『ありがとう』でも、シチュエーションにこだわれば」



未央「効果は何倍にも膨れ上がるのだっ!」



未央「…この映像を見てほしい…!」スマホダシー





凛「ん?」





卯月「ほえっ?」







モバP『よし、時間だ、行って来い』ポン



凛『ん』



凛『ねぇ、プロデューサー、いつもありがとね』



モバP『どうした?いきなり』



凛『別に』







卯月「…」





凛「…何、勝手に撮ってんの」







未央「そしてこれが某ロマンティックなテラスで撮られた同じ二人の映像である!!」



凛「え!?ちょっ、わ、わ、わ!!」











凛『Pさん』



モバP『…』



凛『いつも、ありがと』



モバP『…ああ』



凛『…ふふっ』









未央「おわかりいただけただろうかっ!!」



凛「まって!とめて!」



卯月「わぁ…」





未央「綺麗な景色を眺めながら、一拍溜めたしぶりん渾身の『ありがとう』が炸裂!」



未央「胸キュン度数は当社比4倍だよっ!!」



凛「わかったから!!とめて!!お願い!!」



凛「ていうか消してー!!」





卯月(凛ちゃん、プロデューサーさんとふたりきりの時は)



卯月(Pさんって、名前にさん付けで呼ぶんだ…)





凛「///」プシュー





未央「まぁとにかくだねぇ、今回の失敗を踏まえて、しまむーに言えることはただ一つ」



未央「勇気を出して、プロデューサーを散歩に誘いなさい!!以上!!」





卯月「は、はいっ!島村卯月、頑張りますっ!」





凛「…」



未央「…」









卯月「あれ?昨日と全然変わらないような…」













凛「…」



未央「…」









未央「うむ!」









凛「私が恥ずかしい思いしただけ!?」









島村家





卯月「…」ボ―



卯月(なんでだろう…なんでなんだろう…)



卯月(プロデューサーさんに『ありがとう』って伝えたいだけなのに…)



卯月(なんでちゃんと誘えないんだろう…)







うづママ「はい、これ」コト





卯月「ありがと、ママ」



卯月「…熱っ」ふー、ふー





うづママ「卯月が悩むなんて珍しいわね」





卯月「…私だって悩むことくらいあるよ…」



卯月「…」こくこく



卯月「…うー」





うづママ「プロデューサーさんのことでしょう」





卯月「っ!?」



卯月「けほっ!けほっ!」





うづママ「図星ね。ふふっ」



うづママ「そっかぁ、卯月がねー…うふふふふ♪」



うづママ「…ねぇ、卯月」



うづママ「試しにこういうの、やってみない?」







明くる日の事務所







卯月「島村卯月、『頑張りました!!』」





凛「ん?」





未央「へっ?」





卯月「えっへん!」フンス





凛「…ごめん、卯月、今なんて?」





卯月「私、今日から頑張ります!」



卯月「頑張りましたと言うことを頑張ります!」







凛「…」きょとん



未央「…」きょとん







凛「…なにがなんだか…?」



未央「…よくわかんないね…?」









モバP「ふぃ〜、今日も今日とて仕事終わり〜」ノビ―





卯月「プロデューサーさん!」



モバP「ん?」







未央「およ?」



凛「…?」





卯月「島村卯月、『頑張りました!』」



モバP「おう頑張ったな」



卯月「『頑張りました!』」



モバP「お、おう…」





卯月「…」じー



モバP「…」





モバP「えーっと…」



モバP「…その、なんだ、どこかで飯、食ってくか?」





卯月「!」パァッ



卯月「はい、頑張ります!」





未央「なん…」



凛「だと…」









―卯月「がんばり…ました?」





―うづママ「そう言って、じっと見つめるだけでいいの」



―うづママ「毎日きちんと頑張ってるあなたなら」



―うづママ「あとは全部なんとかなるわ」





―卯月「…それだけなの?」





―うづママ「押してダメなら引いてみろ…って感じじゃないけど」



―うづママ「誘えないなら、誘わせればいいのよ」



―うづママ「この技を極めれば、ゆくゆくは…」





―卯月「ゆくゆくは?」





―うづママ「ううん、おやすみ」



―うづママ(この技を極めに極めたママは)



―うづママ(恥ずかしくて言葉にできないコトも、パパに誘わせちゃえるのよ♪)









卯月「島村卯月、『頑張った』おかげでお食事に誘ってもらえましたっ!」エヘー





未央「これはもしや天才のそれに近い発想ではないでしょうか」





凛「やるじゃん、卯月」





卯月「えへへ♪良いことママに教えて貰っちゃった♪」





未央「まさに逆転の発想、だねっ!」



未央「それで、はじめてのお食事の味はどうだったかなっ?」





卯月「とってもおいしかったですっ!」





凛「感謝の気持ちは伝えたの?」





卯月「…あっ」





未央「…」





凛「…」





未央「はい、やり直しーーーーっ!」



卯月「が、が、頑張りますぅっ」





明くる日





卯月「島村卯月、お仕事『頑張りました』っ!」エヘー





未央「がんばったねぇ、しまむー!」なでなで





卯月「えへへっ♪」テレテレ





凛「…なにしてんの?」





未央「いやあ、なんだか『頑張った』って言ってるしまむーを見るとね」



未央「無性に撫でたくなるっていうか…」





凛「そんな犬みたいなこと…」





卯月「凛ちゃん!」ズイッ





凛「な、なに?」





卯月「島村卯月、『頑張りました』っ!」





凛「…」





卯月「…」じー





凛「…」





卯月「…」じー





凛「…」なでなで





卯月「えっへへ〜♪」テレテレ





凛(確かに、なんか投げたボールを頑張って持ってきたハナコみたい…)









卯月「島村卯月、『頑張った』おかげで」



卯月「感謝の気持ちを伝えることができましたっ!」





未央「おー遂に!また誘ってもらったんだ?」





凛「頑張ったね、卯月」





卯月「はいっ♪頑張りましたっ♪」



卯月「凄い、凄いですっ!これが、『頑張りました』の力なんですねっ!」



卯月「もっともっと、やってみます!」





未央「この調子で、プロデューサーにどんどんおねだりしちゃおう!」





凛「ちょっと、未央!」



凛「あんまり、プロデューサーに迷惑かけちゃ…」





未央「おやおや〜?なんだかしぶりん、焦ってない?」





凛「ち、違うって…」







凛「プロデューサー」





モバP「ん?凛、どうした?」





凛「…」





モバP「?」





凛「が…がんば…」





モバP「ん?」





凛「…」





モバP「…」





凛「…なんでもない。またね」





モバP「お、おう…」







卯月「島村卯月、『頑張った』おかげで」



卯月「プロデューサーさんをお家に呼ぶことができましたっ♪」





未央「え!?」





凛「なっ…!?」





卯月「私が『頑張りました』をどこまでうまく使えてるのか、ママに見せたかったんですっ♪」



卯月「ママもすっごく喜んでくれましたっ♪」





凛「…」





未央「しぶりんの目つきが変わった…!」



未央「こ…これは…おもわぬ強敵が登場したということか…!」





凛「ちょっと黙って。未央」





未央「はい」





凛「…」









凛「プロデューサー」





モバP「どうした?」





凛「…頑張ったよ」





モバP「え?」





凛「渋谷凛、頑張ったよ」





モバP「そ、そうだな、頑張ってるな」



モバP「…」





凛「…」じー





モバP「…」





凛「…」じー





モバP「…なぁ、凛」





凛「!」



凛「な、なにかなっ?」





モバP「お前さえ、よければ…だけど」



モバP「ちょっとだけ、俺の家、寄ってかないか?」









モバP「月並みだけど、作りすぎちゃってな」





凛「Pさん、自炊するんだ」





モバP「カレーとシチューだけだけどな」





凛「ふーん」



凛(Pさんの、作った、カレー…)





モバP「持って帰って家族と食べてくれ」





凛「…あのさ」



凛「持って帰る前に、ちょっとだけ、中入ってもいい?」





モバP「えっ?」



モバP(…まぁ、変なパパラッチが尾いてきてるわけでもなかったし)



モバP(少しぐらいならいっか)



モバP「…別にいいけど、面白いところなんて何もないぞ?」





凛(よっしゃ)









凛(男の人の部屋、入るの初めて…)



凛(質素で、地味だけど)



凛(Pさんの匂いが充満してる…素敵)



凛(なんだか落ち着く)



凛(…あ、ニュージェネレーションのポスター、貼ってくれてるんだ)





モバP「まぁ、見ての通り何もないから」



モバP「適当に駄弁ることしかできないんだけどな」ハハハ















凛(…)



凛(Pさんの家に行きたいなんて、恥ずかしくて全然言えないことだったけど)



凛(この方法なら、Pさんの機嫌や都合次第で)



凛(棚ぼた以上の効果が望める…)



凛(しゅ、しゅごい…)



凛(『頑張った』の力、しゅごいぃ…)





………

……









卯月「島村卯月、『頑張りました』っ!」



モバP「頑張ったな、卯月、またちょっとだけ家にお邪魔したいんだけど、いいか?」



卯月「はいっ♪ うふふっ!楽しみです♪」







凛「渋谷凛、頑張ったよ」



モバP「よくやった、凛」なでなで



凛「…今日はこれだけ? ま、いいけど」







未央「本田未央が頑張ったご褒美としてカラオケいこー!」



モバP「指定するのかよ!」



未央「さぁさぁ、出発しんこー!」







みりあ「赤城みりあ、がんばったよー!ほめてほめてー!」



モバP「よしよし、えらいぞー」



みりあ「わぁーい♪」







乃々「もりくぼのの…がんばって出勤したので帰りたいんですけど…」



モバP「仕事してからな」



乃々「むぅーりぃー…」







茜「日野茜!頑張って走りましたからもっと一緒に走りましょう!!!」



モバP「やべぇ、無限ループだこれ!」ゼェハァ



茜「ボンバぁぁぁ!!!」







杏「双葉杏が頑張る前に休日を所望しまーす」



モバP「駄目」



杏「じゃぁ休まないので今日は頑張りませーん」



モバP「駄目」







楓「高垣楓、禁酒頑張っているのでここのお猪口をちょこっと」



モバP「いけません」



楓「注いでくれないとこちょこちょしますよー?」



モバP「それで我慢してくれるならいくらでも」







……

………





ちひろ「プロデューサーさん」





モバP「どうしました?ちひろさん」





ちひろ「千川ちひろ、頑張りましたっ」





モバP「…」





ちひろ「冗談ですよぅ」ヒラヒラ



ちひろ「最近アイドルの子たちの間で、大流行ですよね、これ」



ちひろ「毎日アイドルの御褒美につきあうプロデューサーさんはたまったものじゃないでしょう?」





モバP「まさか」



モバP「彼女達は実際にとっても頑張っているんですよ?」



モバP「報酬を要求するのは、労働者として当然です」



モバP「別にそんな、うんざりしてなんか…」





ちひろ「ほんとは?」





モバP「…」



モバP「まぁ、ほんの少しだけ」





ちひろ「本当に大変な時は、断ることも大事ですよ」





モバP「わかってます、でも…」



モバP「あの目でみつめられると何でもしてあげたくなっちゃうというか」



モバP「もはや、取り返しのつかないところまでしてるというか…」





ちひろ「はい?」





モバP「あっ、いや…」



モバP「…毎日頑張りますって言ってる卯月でも」



モバP「こんなに自分は頑張っているんだぞって」



モバP「誰かに胸を張ってみたり、甘えてみたり、不安になったり」



モバP「たまには、そういうこともあるんだなって」



モバP「やっぱり普通の女の子なんだよなぁ…って」



モバP「今更ですけど実感しまして…」







ちひろ「プロデューサーさん」



ちひろ「ずっと頑張っていられる人間なんて、いませんよ」



ちひろ「当たり前じゃないですか」





………

……















未央「ええっ?『頑張りました』をやめる!?」





卯月「…」シュン…





凛「なにがあったの?卯月」







卯月「ママに『頑張った』ことを怒られちゃいました…」



卯月「やりすぎだ…って」













―うづママ「卯月、ママが言った方法はあくまで最終手段なの」



―うづママ「誘いたいけど、どうしても恥ずかしいって時のね」



―うづママ「そういう意味では、正しい使い方をしている時もあったわ」



―うづママ「先々週のこととか…ね」



―うづママ「でもね、卯月にとって本当に必要なことは」



―うづママ「あなたが頑張って勇気を出して誘えるようになることなの」







―うづママ「卯月は最初、勇気がなかなか出せなくて」



―うづママ「プロデューサーさんを散歩に誘えないっていってたわね」



―うづママ「今、卯月は勇気を出せるようになっているかしら?」



―うづママ「どうせプロデューサーさんが誘ってくれるからって」



―うづママ「相手のやさしさに頼りきっていないかしら?」









―うづママ「ママはね、卯月に強く成長してほしいの」



―うづママ「確かにずぅっと頑張り続けてしまうことは体に毒です」



―うづママ「時には、自分の代わりに相手に勇気を出して貰おうとすることも大切なコト」





―うづママ「でもこれだけは言っておきます」



―うづママ「卯月の求めている、本当の夢や希望、そして幸せは」



―うづママ「卯月自身が勇気を出して頑張らないと」



―うづママ「決して掴むことはできません」





―うづママ「…大丈夫、卯月はママよりも頑張るの上手なんだから」



―うづママ「卯月の頑張りが、もしかしたら世界を変えてしまうことだって」



―うづママ「ありえるかもしれないわよ♪」









凛「…」





未央「…」









卯月「ママの言葉で今更気付いたんです」



卯月「私、プロデューサーさんに甘えきってました…」



卯月「一緒にお散歩に行くのだって、どこかにお出かけするのだって」



卯月「プロデューサーさんの方が『頑張って』誘ってくれたから…」







卯月「『頑張りました』は、『頑張れない』私のかわりに」



卯月「プロデューサーさんを『頑張らせる』言葉だったんです…」











凛「…」





未央「…」









卯月「だから私、今日からもっと『頑張ります』!」



卯月「これまでプロデューサーさんが私のために『頑張って』くれた分」



卯月「いえ、それ以上に!プロデューサーさんのために『頑張ります』!!」







凛「卯月…」





未央「しまむー…」























凛「…よし…!!」



未央「うん…!」









ギュッ





凛「卯月!私も!今日からもっと頑張る!」





未央「私だって!プロデューサーのために頑張っちゃうよ!」



未央「頑張ってもらった分、お返ししてあけるんだ!!」







卯月「凛ちゃん…未央ちゃん…!」









がんばろう!おーっ!!









未央「よーーーっし!俄然やる気出てきた―――――っ!!!」





凛「一緒に頑張ろう、卯月!」





卯月「はいっ、頑張りましょう!」









卯月「凛ちゃん!未央ちゃん!最後に、これだけ」ピラッ





凛「?」



未央「なに?この紙…」







卯月「その最後の、『頑張りました』宣言をもって」



卯月「しばらくの間、『頑張りました』を封印します!!」







卯月「島村卯月っ!」



































































未央「陽性反応?」





卯月「『頑張った』おがげでデキました!!!」





凛「ひっ捕らえろ!!!!!!!!!!」ビシィッ











おわり







20:30│島村卯月 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: